お知らせ

大阪公立大学「EJ ART」人材育成プログラム受講生募集

大阪公立大学「EJ ART」人材育成プログラムのリーフレットを作成し、受講生の募集を開始しました。2023年7月からプログラムスタートです。

受講希望者向けオンライン説明会を開催します。

6月19日(月)19:00~/22日(木)19:00~(1時間程度)

参加希望日・氏名・電話番号を明記のうえ、Eメール(info@eandjart.jp)よりお申し込みください。

プログラムの応募〆切は、6月30日(金)です。下記WEBの申し込みフォームから応募してください。http://eandjart.jp/

[メッセージ]

近年欧米では、Diversity & InclusionにEquity&Justiceも含めていくというアプローチが、マイノリティの社会構造的不平等の問題に日々向き合うなかで、雇用、人材育成、就業環境等で活用されています。Diversity Equity and Inclusion(DE&I)やJustice, Equity, Diversity, and Inclusion (JUDI)と使われることも多いようです。

国内に目を転じると、Equity&Justiceという概念を使わずとも多くの先駆的実践が見られます。しかし、アート業界では、先生と生徒、演者と観客といった非対称性から生じるひずみ、貧弱な財政支援、ブラックな労働環境などが要因となり、ハラスメントや搾取、疲弊、ジェンダーギャップが多々指摘されてきました。

本プログラムの特徴の一つは、アートを媒介とした深刻な社会課題の解決・克服を念頭に置きつつ、ソーシャルワーク的な手法、思考方法についての専門性を高めていくことです。特にAOP(Anti Oppressive Practice)に関する講座は、現在の日本におけるアートマネジメント教育では先駆的な取り組みと自負するもので、自分たちの働く業界から不正義を一掃するマインドを身につけていきます。

私たちは、Equity&Justice(EJ)、AOPの概念を国内のソーシャルアートの現場の言葉として咀嚼し、社会変革やイノベーションを惹き起していく仲間を募集します。年齢、経験、学生・社会人などを問いません。アートやソーシャルワークに関心のある皆さん、奮ってご参加ください。   

[Message]

In Europe, there has been a recent emphasis on incorporating equity and justice within the framework of diversity and inclusion. This approach has been applied in various areas, such as employment, training, and work environments, with the goal of addressing the issue of inequality faced by minority groups. This approach is commonly known as diversity, equity, and inclusion (DE&I) and also known as Justice, Equity, Diversity, and Inclusion (JUDI).

Turning to Japan, numerous art fields exhibit remarkable advancements and achievements. Nevertheless, concerns have been raised regarding challenges within the art industry, including instances of harassment, exploitation, fatigue, and gender disparities. These issues arise from imbalances between mentors and learners, artists and spectators, insufficient financial backing and unfavorable work environments.

One of the key features of this program is to elevate expertise in social work principles and thinking, seeking to confront and surmount profound social issues through art. In particular, we take great pride in our foundational AOP (Anti-Oppressive Practice) lectures that represent our advanced efforts in domestic art management education. Our goal is to foster a mindset that challenges and addresses injustice within the art field.

We embrace the principles of Equity & Justice (EJ) and Anti-Oppressive Practice (AOP) as essential elements in the realm of domestic social arts. We call on students who are advocates of social change and innovation, regardless of their age, experience, or professional background. Our programs offer an inclusive space for all, whether they are students or professionals. Together we can build a more just future together.

「アートプロジェクト|記憶の地図|archive」を刊行しました。前のページ

特別シンポジウム パンデミック後のビエンナーレ・トリエンナーレの行方ー領域横断的な視点から次のページ

関連記事

  1. 研究科

    『都市文化政策』公開講義「紀南アートウィーク2021」

    「紀南アートウィーク2021-空港と現代アートを中核とした地…

  2. お知らせ

    社会人大学院発! 学生企画のアートプロジェクト「記憶の地図」を開催(記者発表)

    大阪公立大学大学院都市経営研究科「アートプロジェクト論」を受…

  3. 研究科

    2021年度修了式

    コロナ禍の先が見通せないなか、2021年3月28日、2021…

  4. 研究科

    2021年9月11日(土)18時30分~会田大也氏によるオンライン・ZOOM講演会「ミュージアムエデ…

    都市経営研究科「アートとまちづくり研究会」では、山口情報芸術センター…

  1. トピック

    「ポストオリンピックとアートプロジェクト-ストリートワイズ・オペラ/アート&ホー…
  2. お知らせ

    11月26日名古屋大学でトークイベント:「ヨーロッパ型芸術祭への挑戦-集団知によ…
  3. メディア掲載

    メディア掲載 神戸新聞等(2019年8月10日・11日)
  4. お知らせ

    2022年12月16日(金)林 曉甫氏(アートプロデューサー)による講演会「アー…
  5. 研究科

    2021年度修了式
PAGE TOP