未分類

2023年7月19日(水)に開催しました「特別シンポジウム パンデミック後のビエンナーレ・トリエンナーレの行方ー領域横断的な視点から」の要旨掲載

2023年7月19日(水)に開催しました「特別シンポジウム パンデミック後のビエンナーレ・トリエンナーレの行方ー領域横断的な視点から」の要旨を掲載しました。

 2010年代に国内で乱立した芸術祭は、パンデミック禍、ウクライナ戦争を始めとする世界の危機的状況を経て、その在り方自体が問われつつあります。そうした中、 2022年度はドイツで「ドクメンタ 15」が、国内では国際芸術祭「あいち 2022」が開催されました。 本シンポジウムは、 国際芸術祭「あいち 2022」 を始めとした国内の芸術祭をよく知るキュレーター、文化政策研究者、美術史学者をお招きし、 「ドクメンタ 15」が 提示した問い、すなわち、 芸術祭の批評、市民参加、 ポストコロニアリズムそれぞれを出発点に、国内の芸術祭、ひいてはアートや世界の行方について領域横断的な議論をしていただく貴重な機会となりました。今後も、芸術祭の行方についての議論を継続・発展させていきたいと考えております。

【パネリスト 】

中村史子(愛知県美術館主任学芸員、国際芸術祭「あいち 2022」キュレーター)

藤原旅人(九州大学大学院工学研究院附属アジア防災研究センター特任助教)

吉田隆之(都市経営研究科准教授)

【ディスカッサント】

山本浩貴(金沢美術工芸大学美術工芸学部講師)

【日時】

2023年 7月 19日(水) 18:30 21:00

【場所】大阪公立大学文化交流センター(大阪駅前第2ビル6階)

特別シンポジウム パンデミック後のビエンナーレ・トリエンナーレの行方ー領域横断的な視点から前のページ

「EJ 芸術祭」開催のお知らせ:大阪公立大学都市経営研究科主催次のページ

関連記事

  1. 未分類

    特別シンポジウム パンデミック後のビエンナーレ・トリエンナーレの行方ー領域横断的な視点から

    特別シンポジウムパンデミック後のビエンナーレ・トリエンナーレの行方ー…

  2. 未分類

    吉田有里さん(アートコーディネーター)による講演会「現代アート入門―アートとまちづくり実践編」の開催…

    吉田有里さん(アートコーディネーター)による講演会「現代アート入門―…

  1. お知らせ

    11月26日名古屋大学でトークイベント:「ヨーロッパ型芸術祭への挑戦-集団知によ…
  2. お知らせ

    社会人大学院発! 学生企画のアートプロジェクト「記憶の地図」を開催(記者発表)
  3. 研究科

    『都市文化政策』公開講義「紀南アートウィーク2021」
  4. トピック

    「ポストオリンピックとアートプロジェクト-ストリートワイズ・オペラ/アート&ホー…
  5. メディア掲載

    メディア掲載 神戸新聞等(2019年8月10日・11日)
PAGE TOP